面接は試験ではない

面接を何度か経験すると判ることがある。

面接は試験ではないということ。

この事実に気づかない内はなかなか面接では結果が残せない。

 

もちろん試験的な体裁で挑んでくる会社もある。

その場合は「試験」として受け取って良い。

ひたすらにテンプレートを意識し、減点をしないように、

合格点を叩きだせるように練習を積めばそのタイプの面接を

通過することは容易になる。

 

しかし実のところ、面接は「話し合いの場」になる。

聞かれたことについて「回答する」のではなく

しっかり「話す」「わかってもらう」もしくは「話し合う」ことが重要。

 

どうして前職を辞めたのですか?

「これこれこういう理由で辞めました!」と

ビシッと決めるのではなく

「こういうことですが、これにはこういう理由がありまして」

としっかりと「自分の言葉で話す」という事が大事になる。

 

形式的な回答に終始すると如何にも用意してきた答えになってしまい、

その用意してきた内容から少しでも外れてしまうと

その面接全体がボロボロになってしまう。

 

相手は試験官ではなく、未来の先輩となる人。

その先輩に自分のことをわかってもらう話し合い、

その会社についてわからないことを聞く話し合い、

そのような気持ちで臨むと気持ちはやや弛緩する。

 

相手が試験官なら壁が出来てしまいやすいが

未来の先輩ならばその壁もできにくい。

 

いろんな会社があるので「応募者を見定める」というスタンスで

臨んでくる会社もある。

そのような会社に対しては「話し合い」のスタンスで臨むと

やや温度差が生まれてしまう。

 

その場合はその会社に入りたい場合は「見定めてもらう」という

スタンスで臨むのが定石。

しかしそもそも「応募者を見定める」ような時代遅れのスタンスで

面接をしているような会社に入る必要は無い。