様々な需要

togetter.com

をみてふーんって思ったおはなし。

 

モチベーション・アップ株式会社というのがあるらしい

www.motivation-up.co.jp

 

社長目線の社員教育なら!っていうことなんだが、

社長は別に教育のプロではない。

なので社長が行う社員教育なんていうものはお遊びみたいなもの。

いわば自己満足。

 

でも社長なのでお金はある程度持っている。

なので何の効果も出ないポスターでも

「社長目線の!!!!」とか言われたら

 

「社長の自分がこういうことをやらねば!」という

社長が良くやりがちな思い付きスピリッツに火をつけるのだろう。

 

そして社長は思う。

「俺は社員教育に熱心だ!」

「俺の思いがポスターになっている!」

「やはり俺の思いは間違っていないんだな!!!」

「四六時中このポスターを見た社員は行動を改めるだろう!」

「これで勝つる!!!」

 

ポスターを貼ってしばらくして社長は思う。

「これだけ伝えても動かない社員はどれだけ怠惰なんだ!」

「やはり俺が一番仕事ができるんだ!」

「だから俺の言うことに同調してくる奴を取り立てよう!」

 

めでたく裸の王様社長とYESMAN軍団、組閣完了。

 

この会社の売り上げはすこぶる良いだろう。

何しろ何の効果も無い紙切れが飛ぶように売れるんだし、

そのポスターが及ぼす効果について追及されることは一切無い。

責任を一切負わずに報酬だけ貰えるんだからたいしたビジネスモデルだ。

 

 

 

このポスターは社長目線なものなんだけど、

これを見た社員目線はいったいどうなんだろうか。

 

 

「たしかにそうだ! 俺も頑張ろう!」

みたいな社員が多い会社にはそもそもこういうものは要らない。

 

そうでない会社にこそ必要であって、しかしながら

こんなポスターごときでは何も変わらない。

「社長がなんかまた要らんもん買ってるわ」

程度にしか映らないだろう。

 

ややもすると

「言いたいことは言ってくるけどその前に残業代払えよな」

「そんなこと言ってる社長自身クチャクチャやん」

「こういうのは指導の中で言うものであって、掲出するのは違うだろ」

なんてマイナス効果が出てくるかもしれない。

 

でもこの会社はそのマイナスイメージの責任は負わない。

 

ポスターを貼ることで社員の意欲が下がり、

その意欲の低下を察知した社長がさらにポスターを買い足す。

労働市場がブラック化すればするほぼ儲かる、死の商人みたいな会社。

 

世の会社がホワイト化したら、この株式会社はきっとつぶれてしまうだろう。

この会社の動向と新作に今後も気を配っていこう。

 

www.from-estonia-with-love.net

 

これは非常によく判るトピックだった。

 

なぜこういう事態になっていったかっていうと、

日本に根付くよく言えば「謙遜」、率直に言えば「卑下」の精神。

それが少なからず影響している。

さらに追加すると「自己犠牲」の精神や「臆病」気質なんかもある。

 

自分は仕事ができない人間だ。

自分の残業など評価されるべきではない。

なので時間外労働など申請すべきではない。

自分が苦しめばいい。それで済むならそれでいい。

自分が目立つようなことをしていろいろな矢面に立ちたくない。

これが違法就労につながっている。

 

飲食業についても同様。

うちの料理は特段美味しい物ではない。

なのでそんな高い料金が取れるわけがない。

値段で勝負するしかない。

でも変な値段設定をしたら変な噂を流されてつるし上げられるかもしれない。

これが低価格競争につながり、人件費の不当な圧縮に結び付いている。

 

もっと企業も労働者も堂々としたらいいよね。

 

うちの料理はこんだけ手間暇をかけている。

なのでこのくらいの値段はいただきたい!

多少高いかもしれないけど、そう思う人は食べに来なくてもイイや。

そのくらいの意気込みでいい。

宅配ピザはこのスタイルで上手くやっている。

 

これが分不相応な値段設定なら自然淘汰される。

見えづらい付加価値が付いているならそれは可視化すればいいだけ。

 

労働者についても同様。

自分はしっかり労働をしたのだからその分の賃金は頂こう。

自分は無能かもしれない。

しかし、その無能をしっかり使えない会社も無能では?

 

自分の代わりはいくらでもいるかもしれない。

なら、そう思われないようなオリジナリティを出そう!

そのくらいの気概が欲しい。

 

ビジネスマンも企業ももっと毅然と自分の価値を主張した方がいい。

その価値が誤りであればほどなく粛清される。

 

今日本経済が回っているのは、違法労働によるところが大きい。

中小企業が違法労働を強いる時の決まり文句は

サービス残業が無くなったらウチ、倒産してしまう」

でも、ほんとにそうなのか? 私腹を肥やしたいだけでは?

 

法律を守っていたら倒産している企業に支えられている日本のビジネス。

これはいわば砂上の楼閣。

もちろん、一部の優良企業は適正な労働を行っていることだろう。

 

違法労働を強いる中小企業 VS 適正な労働環境のホワイト企業の戦い。

前者が勝利したらどうなるのかと思うと戦々恐々だ。

残業代100%支給

就職活動をしていると時々求人票に載っているワード。

なんていう悲しいワードなんだろう。

 

残業代100%支給って当たり前のこと。

なんだったら「給与支給」って書いているのを変わらない。

「うちは給与でますよ!^^」なんて馬鹿みたい。

 

なんでこんなことを書かないといけないんだろう。

 

詰まる所、こういうことすらできていない会社が社会には

たくさんあって、そういう会社との差別化を図る為なんだけど、

なんとも悲しい。なんというレベルの低さ。

 

ちなみに「残業代100%支給」の会社に入ったことあるけど

入社日に「うちは残業代でないからね」なんていう会社もあった。

 

こういう事態はどうすれば解消するのだろうか?

きっと労働者が告発をする、もしくは当局に頑張ってもらうしかない。

 

個人の力が非常に弱い日本においては前者は相当力がいることなので

後者に期待したいところなんだけど、なかなかむずかしそう。

 

日本はこれから高齢化社会に突入し、日本全体の労働の総合力は

ますます弱くなっていく。

 

今のうちから労働者を守る方策を国が打たないと

先細りになる一方なのかな。

 

 

リクナビNEXTの話

就職活動をしていると、時々面白いメールを頂く。

今回はリクナビNEXTのメールのお話。

 

リクナビNEXTから、定期的にこんなメールが来る。

【最近あなたがチェックした求人はこちら! 注目求人セレクト便】

 

これを受け取った人は100%こう思うだろう。

 

「知ってるよ!!!!!」と。

 

そりゃそう。メールにも書いてる通りこのメールに載っているのは

「自分がチェックした求人」なのだから。

 

Amazonでチェックした商品で関連商品が紹介されるのは有名だが

リクナビNEXTはまさかの「同じ商品」のおススメなのだ。

 

求人をチェックした時、気になっていればキープするし、

この求人はダメだなーって思うとそこでそっ閉じをする。

 

リクナビNEXTはそのそっ閉じした情報を

【最近あなたがチェックした求人はこちら! 注目求人セレクト便】

としておくってくる。よくよく考えると意味不明。

 

リクルートといえば押しも押されぬ一流企業。

きっとこのメールにも裏があるのだろう。

 

リクナビにしたらメールからクリックしてもらうことで

掲載企業に対して何かしらの成果を見せることが出来るのかもしれない。

 

しかし応募者にとってはたいへん有難迷惑。

 

リクルートさんはお金をくれるクライアントの方に全力で向いて

仕事をしているのだなーと思った。

 

Gメールの振り分けでゴミ箱直行させるから別に良いんだけど

でもやっぱり頭悪いなー。ナメてるなー。情けないなー。と感じる。

本日のおススメ求人

就職活動をしていると日々、求人サイトからメールが来るのだが

マイナビ転職からは「本日のおススメ求人!」というものが来る。

 

このメールを受け取る時に毎回思うんだけど

「本日のおススメ」っていったいなんなんだろう?

 

レストランの「本日のおススメ」ならよく判る。

・いい素材が入った。

・早めに処理したい素材がある。

・テレビとかでなんとなく流行りそう。

・店主が最近ハマっていて作りたい。

いろんな理由がある。

 

料理の素材の品質やムーブメントは日々移り変わっていくので

本日是非お勧めしたい、というのは大変よくわかる。

 

ではマイナビの「本日のおススメ求人」って?

 

マイナビのような求人媒体はおおむね、1か月などの期間を定めて情報を掲載する。

しかし求人はその内容が変わることはほぼない。

 

厳密には必要があれば修正なんかはするんだろうけど、

「営業部に人が欲しい」という本質的な内容は変わらない。

 

じゃあなぜ「本日のおススメ」みたいな感じで

ものすごくかるーくお勧めしてくるんだろうか?

その辺は甚だ謎であり、大いに違和感がある。

 

なんか「本日のおススメ求人」を受け取るたびに

日本の労働市場(求人企業、情報サイト、応募者)のレベルの低さが

垣間見えて本当に鬱屈した気分になる。

 

求人企業もまさか「本日のおススメ求人」という触れ込みで

「シェフの気まぐれサラダ」的にプッシュされてるなんて

思ってもみないだろう。

 

情報サイトもすごくポップに推しているのかもしれないんだけど

こんな効果の薄いプッシュの仕方は無い。

 

まさか求職者が

「お^^ 本日のおススメかー^^ みてみよぉ^^」

みたいに応募するとでも思っているのだろうか。

だとしたら本当にアホというか、レベルが低いというか、プロ意識が無い。

 

応募者もこのようなメールに載っている求人は

是非とも応募しないでいただきたい。

 

応募をするよりもむしろ

「本日のおススメとはなんだろうか?」

「どのあたりがおすすめなのだろうか?」

「明日はおススメではないから、本日のおススメなのだろうか?」

「誰がおススメしているのだろうか?」

などとガンガンに詰めてやってほしい。

 

そうすればマイナビマリアナ海溝よりも深く反省して

こんな学生みたいなバカなメールを送ってこなくなり

もう少しマシなメールにしてくれるかもしれない。

 

かくいう私はマイナビにはあんまり期待していないし、

マイナビに良くなってほしいなんて露とも思わない。

 

こんなアホなことをやる企業には一日も早く衰退していただきたいので

マイナビの業務改善につながるような事に興味が無い。